Mitsuka Company

最新機種ご紹介

企業の沿革

 2000年 5月有限会社ミツカ設立
      蕎麦業界初の低価格で高性能を実現した石臼直径36cmの電動石臼
      製粉機M-36IS型、玄そば脱皮機DF-100型、簡易式玄そば選別機
      DF-5型を製作、販売開始。
 2001年 石臼直径40cmの電動石臼製粉機HM-40IS型、インペラ式玄そば
      脱皮機DF-100N型、電動粉ふるい機MS-37N型を発売開始。
      (東京麺産業展に出品)
 2003年 7月株式会社ミツカに社名変更
      昇降機仕様の玄そば脱皮機DF-100Sに改良、販売開始。
      (東京麺産業展に出品)
 2004年 そばカラ‐選別機を開発。(東京麺産業展に出品)
 2005年 電動石臼製粉機M-36IS型をM-36TSに改良。
      そばカラ‐選別機を改良しMC-2型とする。
 2007年 玄そば脱皮機DF-100S型をDF-200Nに改良して能率をあげる。
      同時に共通のパンチングアミを使用する3段階自動玄そば選別DF-3型
      を製作。販売開始
 2010年 電動石臼製粉機をAK-36IS型に改良する。(11年連続東京麺産業展に出品)
 2011年 石臼直径40cmの電動石臼製粉機AK-40IS型を製作。販売開始。

更新情報・お知らせ

2017/02/14
新規作成NEW

TOP